メインメニュー
  
投稿者 :恵那市国際交流協会  投稿日時: 2007-07-25 08:44:55 (963 ヒット)
7月22日で、夏休み前の教室が終わりました。
1ヶ月間夏休みに入り、9月9日から再スタートします。

投稿者 :恵那市国際交流協会  投稿日時: 2007-07-18 09:33:25 (823 ヒット)
7月15日オーストラリア・ルーマニア・ペルーの紹介がありました。
次回は、7月28日(土)エルサルバドル・インド・中国です。

投稿者 :恵那市国際交流協会  投稿日時: 2007-07-10 09:44:10 (822 ヒット)
7月7日に開館した恵那市中央図書館開館記念イベントとして、「世界を知ろう」母国の紹介、母国語による絵本の読み聞かせを2階セミナールームで行います。

7月15日(日) 10:00〜12:00  英語(オーストラリア)
                      ルーマニア語(ルーマニア)
                      スペイン語(ペルー)
7月28日(土) 10:00〜12:00  スペイン語(エルサルバドル)
                      ヒンディー語(インド)
                      中国語(中国)

投稿者 :恵那市国際交流協会  投稿日時: 2007-07-05 10:34:14 (1288 ヒット)
平成16年12月6日、青年海外協力隊として稲作普及のためアフリカ内陸部のザンビア共和国へ旅たった水野智之さん(岩村町富田)が2年半の任務を終えて帰国し、可知市長へ報告に訪れました。
 水野さんは、東京農業大学国際食科情報学部国際農業開発学科で農業開発を学んだ後、実家の農業を手伝いながら協力隊の試験に臨み、見事合格。アフリカ行きを希望していた水野さんの願いがかない、ザンビア共和国へ渡ることとなりました。
 現地では、主に稲作(水稲)の技術普及のため200?の田を地元住民とともに管理していたそうです。ザンビア共和国では12月の雨季に種まきをし、収穫は5月。日本の米とは質や品種が違い、1?当たりに300?しか採れないそうです。しかし、水野さんは「現地の人は基本的にのんびりしていて、優しい人たちばかりです。話す言葉も優しく、人を受け入れる心の豊かさを感じました」と話す。
 今後は、「協力隊の経験を生かして、国際協力や農業普及などの職に就きたい」と意欲を語る水野さんの、今後の活躍が期待されます。

投稿者 :恵那市国際交流協会  投稿日時: 2007-06-30 19:59:00 (883 ヒット)
恵那市国際交流協会のホームページを開設しました。

« 1 ... 40 41 42 (43)
恵那市国際交流協会 〒509-7292 恵那市長島町正家1-1-1 0573-26-2111(代表)0573-26-1868(直通)FAX兼用